痛みが意味すること。

大阪、本町〜淀屋橋の
デトックス&アロマフェイシャルサロン
emptieのサキです。

 

 

ここ数か月のうちに

周りの何人かがバタバタと倒れていきました。

 

からだの問題だったり、

心の問題だったり、

両方ほぼ同時だったり、

どちらかが先で片方もやられる、みたいな。

 

それがその人たちの最大の弱点を見事に突かれて

ストップをかけられた状態で。

 

直接「たすけて」と訴える人や

暗に「察してよ」という態度をとる人や

完全に戸を閉めて閉じこもる人など

反応は人それぞれでした。

 

それぞれにできることをサポートしました。

そして継続中です。

 

からだの場合も心の場合も

痛みが伴います。

 

それって事故でもない限り

急に始まったものではなくて

何日も何年も積み重なってきたものです。

 

本当にみんな、がんばりやさんだから

(あるいは病院嫌いのせいもあるかも)

 

「まだいける、まだ大丈夫」と、がんばります。

 

これね、子供〜青少年期の

簡単には投げ出さない、粘り強さを育成する時代なら

アリかもしれません。

(最近は時代が変わってちょっとわかりませんが)

 

まだ体力が有り余っているけど

足りない気力を養うみたいなね。

 

 

でも、

気力は充分、体力は年々衰えてきているお年頃に

「まだいける」は、もういけません。

「まだ大丈夫」は、もう限界がきています。

 

「まだ○○」と言い聞かせた時点で休みが必要です。

 

朝目覚めて頭がすっきりしない、体がだるいなら

近々休養が必要です。

 

「他の人ががんばっているのに私だけ休んでなんかいられない」

と思うかもしれません。

 

大丈夫です。

誰かが少しくらい休んでも仕事はどうにかまわります。

 

しんどいとき助け合うのって

一緒に働いているのならお互い様ですしね。

 

それよりもばったり倒れて

いつ復帰するかわからなくなる方がよっぽど迷惑がかかります。

 

 

私達の魂の乗り物であるからだは

残念ながら日々齢をとっています。

 

 

休息という対症療法が効くうちに

からだや心の訴え=痛みを無視しないであげてくださいね。

 

無視を重ねると強制ストップがかかります。

 

そして時間もお金もかかります。

 

絡まった糸みたいにこじらせると

その道の専門家さえ頭をひねります。

 

自分のことを一番知ってるのは自分なんだから。

 

ただ無理を重ねすぎただけなんだから。

 

「〜〜ねばならない」から解放して

弱い自分をもあるがままを受け入れることは

けっして恥ずかしいことではないですよ。

 


☆5月病ってなに?
ヘッドリラク無料サービス】でスッキリ頭に。

 

☆予約空き状況は【こちら】です。


☆facebookページは【こちら】です。

 

JUGEMテーマ:心、体、そして魂。

 

 


≪当日のご予約とアドレスについて≫

今までの携帯アドレス(@ドコモ)は
変更いたしました。


誠にお手数ではありますが


ホームページの【ご予約・お問合わせ】ページより
お願い申し上げます。


(PCメールの拒否設定をされているお客様は
送受信できるよう設定の程、お願いいたします)

 

尚、当日のご予約は


0662317711

までお電話くださいませ。

 


コメント
コメントする








   

emptie Relax&Refresh メニュー・アクセスはこちら
CALENDER
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

おすすめ♪

ARCHIVES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
LINKS
PROFILE
SEARCH THIS SITE
OTHERS
MOBILE
qrcode
POWERED
無料ブログ作成サービス JUGEM