松代象山地下壕へひとりで潜入!

大阪、本町〜淀屋橋の
デトックス&アロマフェイシャルサロン
emptieのサキです。

 

長野2日めの朝。

 

本当は前泊のつもりだったので

さっさと別所温泉に移動して

美味しいお豆腐とひなびた温泉に浸かりに行こうかと

目論んでいたのですが。

 

お宿のオーナーさんに

松代の観光地を歴史を交えて興味深くご説明頂いたので

待ち合わせギリギリまで松代観光をすることにしました。

 

オーナーさんお勧め1は

真田邸よりも松代象山地下壕なる場所とのこと。

 

終戦間直の昭和19年11月。

 

敗戦の色濃くなった旧日本軍は

アメリカとの本土決戦に備え

松代の外れ、戦国時代に川中島の戦いがあった場所に

大本営を構える地下壕を掘り始めました。

 

もちろん当時は人海戦術で

日本各地または朝鮮半島から連れてきた男の人たちに

(契約して働きに来た人もあったらしいけれど)

総延長5853.6M、床面積23,404平方Mもの壕を掘らせました。

 

終戦の翌8月15日までのたった9ヶ月足らずでです。

この異常さが数字で伝わるでしょうか?

 

 

壕は碁盤の目のように掘り進められ

松代象山地下壕

天皇陛下の御座所には

防風が届きにくいよう設計されていたとも聞きました。

 

結局一度も使われないまま閉じられていましたが

平成元年より無料で片道500Mのみ公開されています。

 

掘削に参加した方々で

事故などで命を落とされた人の名前はもちろん、

人数さえも記録には残っていないとのことです。

 

 

他の観光地から少し離れた場所だったので

入場開始の9時を目指して行きました。

 

大阪よりも高地とはいえ8月、

松代象山地下壕

体感30℃くらいあったでしょうか。

 

川沿いの道を歩いているのは

わずかな地元の人くらいで観光はどうみてもサキひとり。

 

大きなお家が多かったでした。

 

地下壕の入り口には管理人さんの詰所があり

「今日はあなたが最初のお客様です」と

にこやかにヘルメット装着を促されました。

「安全第一ですからね」と。

 

松代象山地下壕

入り口は小さいです。

2畳あるか?ぐらい。

 

(ここからかなりビビってるので

画像がブレブレですみませんごめんなさい

 

緩やかなスロープを下っていきます。

 

赤いのは鉄柱で、壁や天井を支えています。

松代象山地下壕

 

入った瞬間から冷蔵庫の中のようにひんやりしています。

松代象山地下壕

松代象山地下壕

 

鉄柱がなくなり掘ったままのむき出しのエリア。

松代象山地下壕

ここでコウモリさんたちを起こしちゃったみたいで

何度かインディージョーンズ状態にコウモリ

 

さすがのサキも思わず悲鳴を上げましたよぎゃー

 

天井のアップ。

かなり硬い土壌だとわかるでしょうか。

これをたった9ヶ月で掘ったなんて考えられません。

松代象山地下壕

 

側道は行き止まりになっていたり

ただただ暗い穴が続いていたり

別の出口が開いているのが遠くに見えたり…でした。

松代象山地下壕

 

途中怖くて、何度か引き返そうと思ったけれど

なんとか500Mの折り返し地点に来ました。

これはその近くの測点跡の看板です。

松代象山地下壕

 

帰りはここを掘った人たちに平和の祈りを捧げながら、

でも足早に戻りました。

 

あと少しで出口という時に

また「チチチ」とコウモリさんに呼ばれましたムンク

朝からお邪魔してごめんね。

 

 

この間、誰もすれ違うことなく

往復1Km地下壕で人間はサキひとりでした。

 

正直言ってどんなお化け屋敷より怖かったー悲しス。

 

松代象山地下壕

壕の右側には日本語、ハングル語で書かれた祈念碑が、

 

松代象山地下壕

左には「不戦の誓い」の碑がありました。

 

絶対に繰り返したらいけない、こんなこと。

 

 

この後、

地下壕にくる手前にあった象山神社をお詣りしました。

佐久間象山像

象山とは幕末の松代藩士、佐久間象山をお祀りしています。

 

一般的には象山は「しょうざん」と呼びますが

松代の人たちは「ぞうざん」と呼んでいるので

壕も「ぞうざん」地下壕、神社も「ぞうざん」神社なのです。

 

勝海舟、吉田松陰、坂本龍馬の師である象山の知恵にあやかって

もっとお利口さんになれますようお願いしてきました。

 

境内は広く落ち着いた場所でした。

 

この後真田邸に向います。

 

 

☆予約空き状況は【こちら】です。


☆facebookページは【こちら】です。

 

JUGEMテーマ:長野県の情報

 

 


≪当日のご予約とアドレスについて≫

今までの携帯アドレス(@ドコモ)は
変更いたしました。


誠にお手数ではありますが


ホームページの【ご予約・お問合わせ】ページより
お願い申し上げます。


(PCメールの拒否設定をされているお客様は
送受信できるよう設定の程、お願いいたします)

 

尚、当日のご予約は


0662317711

までお電話くださいませ。


コメント
コメントする








   

emptie Relax&Refresh メニュー・アクセスはこちら
CALENDER
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

おすすめ♪

ARCHIVES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
LINKS
PROFILE
SEARCH THIS SITE
OTHERS
MOBILE
qrcode
POWERED
無料ブログ作成サービス JUGEM