元セラピストの気になるあれこれ。
<< August 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< エクセル スキニーリッチシャドウ【2018春限定カラー】 | main | ジアミンフリー染毛剤【マロン】を使ってみました(その2) >>
ジアミンフリー染毛剤【マロン】を使ってみました(その1)

一般のヘアカラーを使うと

地肌の皮むけ、かゆみ、湿疹などができるので

10年以上ヘナで髪を染めています。

 

美容室ではなくセルフヘナです。

 

このヘナ染め、

地肌が健康になり、髪に艶が戻り

いいことづくめではあるのですが

いくつか問題があります。

 

1.染め時間がかかる

 

10年もやっていると慣れましたが

ヘナペースト塗布後、

ラップしてタオルターバンなどで保温して

2時間以上置いてから洗い流します。

 

10年もやっていると慣れましたし、

むしろ頭が冷えて(ヘナにはクーリング作用があります)

リラックス状態になるのでいいのですが、

ケミカルヘアカラーに慣れている人には辛いでしょうね。

 

2.パーマがかかりにくくなる

 

私はストレート派なので問題ないですが

パーマをかけないとセットが決まらない人には

ネックですね。

 

一説にはデジタルパーマならOKとも聞いたことがありますが

自分で試していないのでなんともいえません。

 

3.ヘナ独特の香り

 

ヘナはインドやエジプトなど、暑くて乾燥地帯に生育するハーブです。

ハーブというといい香りと思うかもしれませんが

アロマセラピストの私でも正直あまりいい香りとは感じません。

例えると畳に醤油をこぼしたような香り?

 

収穫したての新ヘナはお抹茶のような香りでした。

酸化するとクセがでてくるみたいです。

 

4.色味がオレンジ〜赤オレンジ

 

ヘナペーストはグリーン〜褐色なのですが

これを頭に塗り、洗い流すと

髪にはオレンジ色のヘアマニキュアをしたような色味になります。

これが似合う肌色の人にはいいですが。

 

これはヘナ染めして一週間の私の頭です。

ヘナ染め1週間(室内日陰)

そんなにオレンジじゃないって?

 

室内の日向で…

ヘナ染め1週間(室内日向)

太陽の下だと赤すぎるんですよ

 

鉄鍋で溶く、インディゴを混ぜるなど

色を茶褐色に近づける方法はあります(もちろん試し済み)

 

インディゴはヘナをした次の日に後染めするのが

一番いい茶色具合になります。

 

でも残念なことに色落ちが早いです。

 

そして個人的なことですが、インディゴをすると

ちょっとかゆいかも?

 

インディゴはヘナよりもアレルギーがキツイらしいのです。

藍染って防虫効果ありますもんね。

 

ヘナもインディゴももとをただせばハーブ、

葉っぱを乾燥させて砕いた粉です。

 

モノによってはアレルギー反応が出てもおかしくありません。

 

だからインディゴでヘナの赤味が抑えられるとわかっていても

あまり頻繁には使えませんでした。

 

 

「ヘナは好き、でもオレンジの頭はイヤkyu

でもこれしかできないからしょーがない汗

と思っていたのですが

 

ジアミンアレルギーでも使える唯一の染毛剤があると

知ったのです。

 

それが

マロン マインドカラーS

この【マロン マインドカラー】です。

 

@コスメでも、ジアミンアレルギーで

これしか使えない人に支持されていました。

 

 

私がマロンに求めるのは、

 

・ヘナ自体は髪と地肌にいいから続けたい。

・でも赤味を抑えてなんとかしたい。

・インディゴは今後アレルギーの可能性もあり

頻繁に使えない。

 

の3点です。

これらをクリアしてくれればOKなのです。

 

 

@コスメでヘナと併用している人のクチコミを参考に

先週末染めてみました。

 

 

と、長くなったので結果はまた次回手

 

 

JUGEMテーマ:ヘナで美しく

 

 

 

 

 

 

スポンサーサイト
COMMENT