元セラピストの気になるあれこれ。
<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 久々のにゃんこ訪問。 | main | 米倉涼子さんに勝手に親近感♪ >>
原キョウコさんの大阪ダンスセラピーWS、今週末開催されます!

今回で16回目になる原キョウコさんの大阪ダンスセラピーWSが

今週末(6月1日(金)、2日(土))に開催されます。

 

私は数年前に、当時ボディワークを勉強中(現セラピスト)の友人に誘われて

このWSに参加しました。

 

舞台などに立つ表現者にはもちろん、

身体に携わるセラピストにもぜったい為になるWSだと

推薦されたからでした。

 

 

ダンスなんて

高校の体育の創作ダンスくらいしか踊ったことがなかったですが

何事も経験!と半分好奇心で行ってみました。

 

 

ダンスというと「自分は踊れないから無関係」

と思う人が少なくないかもしれません。

 

ではダンスを「身体を通じて自分と向き合う」ことと言い換えれば

今、生がある全ての人が無関係でなくなるのではないでしょうか。

 

世の中にはもちろん、誰かにアピールをするダンスもありますが

どんなダンサーもストレッチし身体を作るように

まず自分の身体と向き合います。

 

この自分の身体を振り返る時間は

普段ダンスに縁のない人にも必要ですが

実際はとても不足しています。

 

 

自分の身体はいつもいちばん近くにあり、

文字通り身近なはずだけれど

意識しないとなかなか向き合うことができません。

 

また日頃酷使しすぎて、または怠慢すぎて

罪悪感からあえて向き合わないようにしている人もいるでしょう。

 

 

でもこの身体は永遠ではありません。

 

この世に生を受けて成長し、

ある時期から坂を下るように衰えていきます。

そして大抵は100年足らずでその生を終えます。

 

衰えを止めることは不可能ですが

向き合うことによって衰える速度を緩めることができたり

悪い癖に気づき、軌道修正したり

病気に罹ったからこそ、健康のありがたさに気づくことができます。

 

 

このWSは自分の身体に、そしてその体に宿る心に

丁寧に向き合う時間です。

 

 

私は今回、セラピストの仕事を終えて

次のステージに入る準備期間の始まりとして

このWSを受けることになります。

 

ボディワークの仕事をしていても、やめても

自分の身体との付き合いはこの先続きます。

 

どんな2日間になるのか楽しみです。

 

WSの詳細はこちら(Facebookのイベントページに飛びます)です。

 

 

JUGEMテーマ:心、体、そして魂。

 

スポンサーサイト
COMMENT