元セラピストの気になるあれこれ。
<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 今日は蠍座で新月でした。 | main | スリット入りレギンス、内と外どっちがすっきりみえるか? >>
食べてやせる!健康ダイエットのためのおすすめ本。

最近のマイブームがDIYと料理です。

DIYに着手したのもキッチン周りが最初。

毎日使う場所だから、使い勝手が良くなるようにしたかったのです。

 

腸活のためにも「2日に一度は納豆を1パック食べる」と決めています。

ずっと納豆にいろいろ海藻や醤油麹やごまなどいろいろ混ぜて食べていました(【聖☆おにいさん】のブッダの食べ方のアレンジです)

最近では「2日に一度は納豆1パックを使って料理する」になりました。

それ以外の日は低糖質と食物繊維摂取を心がけて料理しています。

その結果、「けっこうお腹いっぱい食べても太らないものなのね〜」と気づきました(←当社比です)

 

 

一番お世話になっているのはクックパッド先生ですが…

たくさんのレシピがあるだけに全部が全部美味しくできるとは限りません。

美味しそうでも説明が不親切なものもあります。

もちろん、プロじゃなくても「アタリ!」のレシピもあります。

でもそれを探し出すにはある程度スクロールしないといけないです。

 

時短のためにも、以前あさイチに出演してらっしゃった先生の本と、もう一冊はヒルナンデス!ビーバップ!ハイヒールで観た先生の本を買いました(つくづくテレビっ子です)

健康ダイエットのためのおすすめ本

柳澤英子先生はいくつか出版されていますが、こちらは作り置きできるおかずです。

ご自身50代で、たった一年で26Kgも減量に成功し、その体重をキープされているので説得力があります。
さすが料理研究家と思ったのは、食材の栄養を壊さない調理法を紹介されているところですね。

すべて2人分なのもとてもわかりやすい♪

 

Amazon↓

 

楽天↓

 

 

 

 

もう一冊は料理本というより栄養学の観点から書かれた本です。

 

「多くの野菜や果物の栄養は皮に集まっている」ということは知っていても、今まで剥いてきたものを剥かずに調理するって抵抗ありますよね。

それに本当に美味しく食べれるのかも。

 

そういう疑問をクリアしたくて読んでみました。

 

かぼちゃの種など、栄養いっぱいだけど食べるには一手間二手間必要なものや、「味をとるか、栄養を摂るか?」な調理法もありましたが、ほとんどがやってみようと思える方法でした。

 

Amazon↓

 

楽天↓

 

 

 

 

健康は誰にとっても大事です。

老いも若きも、男性も女性も、お金持ちも貧乏人も、もちろん人間以外だって。

 

口にするものが自分の身体を作ります。

あたりまえのことを丁寧に暮らしていきたいです。

 

 

JUGEMテーマ:ダイエット

 

 

スポンサーサイト
COMMENT